スレンダートーンの安全性について

スレンダートーンは、医療的な機材と同様の品質管理の制度によって認可を受けているため、恒常的に安全に利用できるアイテムになっています。

 

通常の体調の人であれば、継続的にスレンダートーンを使用しても、体に対する良くない影響の出る可能性は極めて少なく、安心して利用できると言えるのではないでしょうか。

 

また、体内に医療的な装置を入れている場合や疾患を抱えている場合なでを除き、安全に利用できる人の割合は非常に高くなっていると考えられています。

 

腹筋用のアブベルトに関しては、腹部を巻き込むように装着し、強くベルトで締めすぎないように配慮します。適切にアブベルトを取り付けることにより、安全なスレンダートーンの利用と腹筋を鍛える効果を最大限に引き出すことの双方を実現させることが可能となります。

 

数十分程度の使用では、腹筋を痛めることはないとされているため、こまめに休止を挟みながら使用することが、安全にも繋がると捉えられています。

 

二の腕用は上腕にパッドを装着して使用することが一般的です。パッドに伝える振動は付属のコントローラで管理し、過度な振動にならないように配慮していきます。

 

オーバーワークにしないよう配慮したり、パッドを強く巻き付けすぎないようにしたりすることにより、安全に利用することに繋がり筋肉の損傷も抑止できるようになるのではないでしょうか。

 

顔用は専用の機材にパッドを取り付け、両頬に密着させて使用します。顔は最も皮膚がデリケートな部分ではあるものの、パッドに用いられている材質が肌に優しいものであるため、かぶれにくい傾向にあるとされています。

 

過度に長い時間使い続けないように配慮することで、スレンダートーンの顔用の効果を強く実感でき、安全に使用できるのではないかと思います。

 

パッドを適宜取り替えることによって、清潔さを維持することも可能になるため、日常的に利用する際にはこまめに取り替えて利用することで安全性と清潔さを両立できるでしょう。

 

⇒杉村太蔵の評価や感想