スレンダートーンの効果的な使い方

 

スレンダートーンを効果的に使用したい場合には、スレンダートーン単体での使用ではなく一緒に運動をすることをお勧めします。

 

スレンダートーンには部分ごとに腹筋用、二の腕用、ウエスト用、ヒップ・太もも用など色々なモデルが存在していますが、どのスレンダートーンを使用する場合でもスレンダートーン単体での利用には限界があります。

 

スレンダートーンを着用することで着用している部分の筋肉は間違いなくスレンダートーンの擬似的な電気信号により収縮運動を繰り返すため、着用しているだけでも筋肉は太く強く強化されていきます。

 

しかしそれは脂肪の下にある筋肉が鍛えられるだけなので、見た目にはスレンダートーンの効果がなかなか目に見えて分かり辛いと言う状態を作り上げてしまいます。

 

その為スレンダートーンの効き目を更に実感するためには、脂肪燃焼が可能な運動を取り入れることが必要不可欠となります。スレンダートーンによってもたらされる効果はあくまでも筋肉引き締めや筋肉増強効果ですので、それと同時に運動を行わないと脂肪は燃焼してくれません。

 

特に有酸素運動を取り入れた場合にはスレンダートーンによる筋肉量増加の効果により、代謝自体がアップされていますのでスレンダートーンを使用せずに有酸素運動を行うよりもはるかに脂肪燃焼率が高くなると言えます。

 

その為スレンダートーンを着用したままの有酸素運動は、脂肪燃焼効果を高めるとともに筋肉を引き締めることも可能になるので、最もスレンダートーンの効果を発揮しやすい使い方だと言えます。

 

筋トレを行う場合にもスレンダートーンを装着したまま筋トレを行なえば、負荷をかけた筋肉を更に絞り上げ鍛えることができますし、筋トレでは鍛えられない部分の筋肉もスレンダートーンにより強制的に収縮させることが出来ますので、筋トレの効果もスレンダートーンによって倍増させることが可能になります。

 

その為スレンダートーンを効果的に使用するには、運動と組み合わせることと運動する場合には必ず装着すること、短期化ではなくロングスパンでスレンダートーンと運動を無理の無いように続けることが重要だと言えます。

 

⇒スレンダートーンとボニックを比較